わたしはわたし。わたしとあなた。意識の在り処ってどこにある?

Aloha Styles

ブログ

わたしはわたし。わたしとあなた。意識の在り処ってどこにある?

日々の気づき

2017/01/28 わたしはわたし。わたしとあなた。意識の在り処ってどこにある?

一人称は、「わたし」。

二人称は、「あなた」。

三人称は、「あの人」。

 

 

日頃、自分の「意識の在り処」がどこなのか。

SNSが発達した現在、どことなく、一人称と二人称から遠ざかっているような感じがしている。

 

ボーッとしている時、あなたはあなたのことだけを考えているのか、

あるいは、あなたとあなたの目の前にいる人のことを考えているのか、

それとも、誰かわからない人あるいは個性的な人が主張する意識に翻弄されてしまっているのか。

 

いずれにしても、ここにはないもの、ここにはいない人に意識を持っていかれていないだろうか?

 

meditation

 

わたし ― 自分自身が何を考え、想い、何を見ているのか。内観。

それを見つめる時間、どれくらいとっているだろうか?

 

それは瞑想であり、いまここ、の状態にフォーカスしていること。

 

 

わたしと「あなた」。

相手に向き合う尊い時間。対話。

対話を通して、自分を知り、相手を知る時間。

愛を分かち合い、想いをシェアし合い、流れる時の中で紡いでいく絆。

 

 

ここにはいない架空の人物、それが「あの人」。

SNSで発信されることもおそらくこのポジション。

悪いわけじゃないけど、不必要な焦り、いまココ、にない心や意識にさせられる。

嫉妬、羨望、妄想、噂。怖れ。不安。

自分が自分じゃなくなって、自分を見失ってしまわないだろうか。

感覚的なものだけど、地に足がついてない感じがするのは、わたしだけの感覚だろうか。

 

dialogue

 

できるだけ、わたしとあなた、を大切にしていきたい。

そこには温度があるし、手を伸ばせば触れられる安心感がある。

 

見えない何かに追われることをなるべく避けたい。

知ること ― 自分を、そして、相手を。

 

実は、世界はとてもシンプルにできている(気がする)。

世の中を複雑化させているのは、結局、三人称的世界の出来事。

 

もっと、わたし、を。

もっと、あなた、を。

 

TOP