幸せになるための「美意識」。日本人的ホオポノポノ

Aloha Aina Connections

〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼2丁目

ブログ

幸せになるための「美意識」。日本人的ホオポノポノ

感じること・想うこと

2017/05/11 幸せになるための「美意識」。日本人的ホオポノポノ

rainbow

 

 

実は起きる出来事には「いいこと」も「わるいこと」もない。

それは自分自身の心のとらえかたの問題であり、出来事の問題ではない。

 

同様に、人生を紐解くウルフカードリーディングでも、

出てくるカードに「いいカード」も「悪いカード」も、実はない。

 

悪いカードが出たからといって怖れる必要はない。

結局は、そのカードは潜在意識の現れでしかなく、

それを示してくれたことで変えていくきっかけを与えてくれている。

 

なにもせずにそのままで勝手に状況が変わってくれるはずはなく、

カードを引いて一喜一憂するものでもなく、

結局その潜在意識から導き出されたカードを受け取って、

今後自分がどういうふうに行動を起こしていくか、

そのための指針、ヒントとなるものでしかないのだ。

 

 

自分の人生は他人がなんとかしてくれるものではない。

自分の人生の責任は自分自身。

自分で判断し行動した結果は、善かれ悪しかれ、自分自身のもの。

 

よくあるのが、課題の同調。

 

相手のことを考えると……、

あの人のことが心配で……、

みんながそういうから……、

世間一般(普通)では……、

 

などなど。

 

その課題(問題)の所在をよくよく自分自身に問いかけてみると、

その問題が自分の問題なのか、他者の問題なのか、明確になってくる。

そうするとすごく物事はシンプルになる。

 

自分の問題以外は、心配や怖れを抱いてもどうにもならないことなのだ。

人のことなんか心配するな、世間を無視しろ、と言っているわけではない。

 

 

それよりも、整った自分自身でいること、

真ん中にいる状態(PONO)の自分でいることのほうが、

結果として他者のためになることのほうが多い。

 

ハワイで言うところのホオポノポノ(自分の心を真ん中に戻す古代ハワイの問題解決法)だ。

 

自分ひとりで悶々と悩んだり、誰かに何か言われたり、

その問題があたかも自分自身の問題のようにとらえてぐらついてしまう。

みんな自分と他者の問題がごちゃ混ぜになっていて、不必要な怖れを抱いてしまう。

 

人から言われたことは、その人の心が感じていること。

本当に自分もそう感じているのか、

ただ相手のエネルギーに同調してしまっているのではないのか、

それをよく見極めることが大切なことだと思う。

 

 

謙虚な気持ち、感謝の気持ち、

どんな相手に対してもジャッジすることなく、自分自身の目で見つめてみる。

 

愛をもって。

 

ネガティブなエネルギーに同調しそうになったら瞑想する。

ネガティブなエネルギーを受けてしまうのもすべて自分自身が整っていないから。

 

強くしなやかな竹のような自分でいたい。

そのためにも、からだを整えて大切にする。

しなやかなからだから、しなやかな心(精神)は生まれる。

 

食事、瞑想、からだの触れ合い、自然との触れ合い、浄化、笑顔、心のゆとり、睡眠……

どれもすべて大切なこと。

 

時として、ネガティブなことが起こる。

そうしたらそれをどう受け止めていくかを問われているんだと思う。

 

 

謙虚な心、感謝の気持ち。

これって実はうまくいっている時こそ、大切。

そこにはなにも邪魔は入れない。

光の中にいるから、やわらかいふわふわのひかり。

 

傲慢な気持ちはNG。

でも他者の顔色ばかりを見ているのもNG。

そのバランスが大切。

幸せになるための「美意識」を磨いていきたい。

 

 

自分を知るためのイベント情報(クリックしてね!)

 

 

 

******************************************
Aloha Aina Connections by Yas Senda

神奈川県藤沢市

aloha.aina.connections@gmail.com

TOP