ウルフカードリーディングで伝えたいのは「この感覚」を養うことです

Aloha Styles

ブログ

ウルフカードリーディングで伝えたいのは「この感覚」を養うことです

ウルフカードリーディング

2017/04/11 ウルフカードリーディングで伝えたいのは「この感覚」を養うことです

wolf_mono

 

ウルフカードリーディングは60枚のカードの中から、

あなたが無意識に選び取った8枚のカードを読み解くものです。

 

ウルフカードに書かれているメッセージ。

それはオオカミをモチーフに、人生のさまざまな出来事を表現するものです。

 

・自分の課題あるいは資質

・過去の出来事

・現在の状況

・未来の流れ

 

不思議なことなんですけど、無意識に選んだカードはあなたの人生と符合しています。

 

わたしは相手の状況なんてわかりません。

わたしは相手の性格なんてわかりません。

 

だから純粋にカードを読み解く。

そして直感的に感じたことを口に出してみる。

それだけです。

 

resort

 

人はみな誰でも「幸せになりたい」という唯一絶対の願望を心の奥に秘めています。

 

 

 

幸せになること、快適に暮らすこと、豊かさに恵まれること、人と調和すること、愛と感謝の中で暮らすこと。

その世界を築くために必要なことは「たったひとつ」なんだということに気づきました。

 

 

自己信頼(自己肯定感)

 

 

これだけです。

 

昔はわたしもこの感覚がありませんでした。

常に惨めさ、やるせなさ、欠乏感、圧迫感、劣等感、…etc. を感じながら生きていました。

 

自分で自分のことが認められないから、誰かに「依存」して生きていました。

 

誰かに認められたい、それでいいんだよと言われたい、大丈夫だよと言われたい、もっと構って欲しい、愛して欲しい、助けて欲しい、…etc.

 

でもね、そんなの無駄なんですよ!

 

自分を救えるのは自分しかいなかったんです。

自分で自分を満たしてあげる。こんな自分でもいいと自分で自分を認めてあげる。

もっとからだを大事にしてあげる。もっと自分がハッピーになることを想像してあげる。

無理だとかできないとかジャッジしないでやりたいことは挑戦させてあげる。

心の中に住んでいるちっちゃな自分を満たしてあげる。

 

それができるのは誰でもない、自分自身しかいないんです。

 

本当に、本当に、本当に、ほんっとうに、たくさんの失敗を繰り返し、人の信頼もお金も失ってきました。

人前では虚勢を張っていますが、心の中は不安感、欠落感、嫉妬心……とにかく恐怖でいっぱいでした。

心もからだも傷だらけです。それでもまだ甘えられる人には甘え続け、人に依存し続けました。

いろんなセッション、カードリーディング、占い、運命を変えると言われること、いろいろと学び、やってきました。

 

でもね、依存心を乗り越えて「自分で自分を認めること」に切り替えていかないと次から次へともっとハードな出来事がやってくるんです。

そんな状況の中でもがき苦しみ、なんとか今のところまでやってきています。

傷だらけのわたしだからこそ、お伝えできるものがあると思っています。

 

loveyourself

 

わたしのカードリーディングをしていていつもいつもいつもいつも感じること。

 

これをきっかけに、自分自身で自分を信じられなくなっているかたい殻を破って欲しい、と願っています。

 

自分を満たし、栄養を与え、大事にし、幸せになる。

それができるのは自分しかいないということに気づいて欲しい、ということ。

それは自分を大切にし、勇気をもって意識を変えて行動していく

自己信頼を培っていくにはそれしかないんです。

 

 

カードのメッセージも、わたしがピンときてお伝えすることも、耳障りのいいことばかりとは限りません。

時には厳しいことをお伝えすることもあるかも知れません。

あるいは的外れな感じのことをお伝えすることもあるかも知れません。

 

そもそも自分の運命を左右できるのは自分しかいないんです。

でもカードのメッセージ、わたしのアドバイスをどう受け取るかはその人次第です。

 

良くも悪くも、心のどこかに触れて反応する自分自身がいるのであれば、あなたの意識の中にそう感じてる自分がいるということ。

 

それを受け入れたくない自分の心は否定的に動きます。わたしのことが嫌いになるかも知れません (笑)。

つまりわたしの言葉がきっかけとなり、心の中に厳然とある古傷に触れてしまって、そこがうずいてしまったということ。

 

それを受け入れる準備ができている自分の心は肯定的に動きます。

認めることができて、評価できて、嬉しいということ。わたしの言葉がきっかけとなり、あなたがあなた自身を認め、評価するということです。

 

balance

 

この世の中は、あるいはこの宇宙は、すべてバランスで成り立っています。

光と闇でひとつです。一対でひとつなんです。

ですから、たとえあなたの状況的に好ましくないことが起きたとしても、それと同じバランスで好ましい状況も起きるということ。

逆もしかり。

ただ好ましくない状況が起きた時に、自分の中でそれをどうとらえるのか、それしかないんです。

今この瞬間好ましくないと感じていても、10年後のわたしから見たら、この好ましくない状況があったから今がある、と思えるかも知れません。

すべては過ぎてみて初めて分かること。

 

わたしたちは今この瞬間に生きています。

それは自分を信じて、常に前を、上を向いて、進んでいく。

人は無意識のうちに自分が心の奥底で感じているものを引き寄せます。

だとしたら、フォーカスすべきは、要らないもの、ではなく、欲しいものです。

 

すべては「今」しかないんです。

そしてわたしたちを囲む状況は、「〇〇〇〇したら、△△△△になる」という条件付きなことでもないんです。

 

自分を愛するということ。それはとても難しいことかも知れません。

少なくともかつてのわたしには難しいことでした。

 

起きる出来事に一喜一憂せずに(まぁしちゃいますけどね……笑)、すべてをありのままに受け止める。

そこに学ぶべきものがあれば学ばせていただく(気づくまでに時間が必要だけどね)。

同時に、自分自身にたくさんの栄養を与える。心にもからだにも感謝の気持ちで。

 

生きてるだけで丸儲け、そう思えたらきっと世界は変わっていくはずです。

 

TOP